道路使用許可とは

本来、道路は交通のために整備されています。

 

そういう道路で勝手に催し物を開いたり、チラシやティッシュを配布するなどの行為を行うことは禁止されています。

 

しかし一定の期間を定めて、警察署で手続きをとることによってビラ配りなどができるようになります。

 

道路を交通以外の用途に使う、そのために必要となる許可が「道路使用許可」です

手続きを行う場所は、その道路がある地域を管轄する警察署です。

例えば、東京都武蔵野市にある公道でポケットティッシュを配布したければ、武蔵野市を管轄する警視庁武蔵野警察署の窓口に書類を提出し、武蔵野警察署長から許可をもらうことになります。

 

こういうことをやるためには道路使用許可が必要です!

  • 道路において工事もしくは作業をしようとする行為(1号許可)
  • 道路に石碑、広告板、アーチ等の工作物を設けようとする行為(2号許可)
  • 場所を移動しないで、道路に露店、屋台等を出そうとする行為(3号許可)
  • 道路において祭礼行事、ロケーション等をしようとする行為(4号許可)

このサイトで主にスポットをあてるビラ(ちらし)やティッシュの配布は4号許可に該当します。

 

なお、1号やら4号やら区分はあれど、警察署に申請をして許可を取る手続き実務上はそんなに気にすることはありません。

 

チラシ配りのための道路使用許可の期間

一回の手続きで許可される期間は15日間です。

 

例えば、30日間にわたり毎日公道でチラシを配布したければ、最初の15日間が切れる前に再度警察署で新規許可を申請します。

1回の許可を更新する感覚に近いですが、あくまで2回とも新規申請になります。

 

更新日:

Copyright© 飲食店開業の手引き│小平市~多摩地区の飲食店営業許可を取りたい人のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.