深酒営業 風俗営業許可

深酒届出と風俗営業許可の両立は不可

更新日:

深夜0時以降もお酒を主体とする飲食店営業が可能となる深夜酒類提供飲食店営業届出。
一方、深夜0時(一部の地域は深夜1時)までしか営業ができないが、接待行為が可能な風俗営業許可。

この2つは別物の手続きですが、両方同時に手続きが可能なのでしょうか。

答えは

できません。

風俗営業許可と、深酒営業届出は同一の店舗で同時に行うことはできません。
風俗営業許可を取った後、さらに深酒営業届出を出すことも出来ませんし、逆の順番でも同様です。

一つの店舗で手続きできるのは、どちらかひとつだけです。

法律上では「併存禁止」とは明記されていないのですが、現時点の実務、運用では、一つの店舗で許可・届出が両方受け付けられることはなく、実際、少なくとも東京都内ではそのような実績はありません。

理屈上は、深夜0時で客全員を店から出し、客も営業形態も完全にチェンジすれば可能ではありますが、実質上それは不可能であり、東京都内でそういう形態で営業を行っている店は一軒もありません。

また、警察の認識としても「法律上は可能であるが、実務上は非常に困難。もしそういうダブル形態での営業が容認されたとしても、徹底的にマークされることは覚悟してください」というスタンスをとっています。







-深酒営業, 風俗営業許可

Copyright© 飲食店開業の手引き│小平市~多摩地区の飲食店営業許可を取りたい人のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.