風俗営業許可

図書館大作戦@東京都国分寺市

更新日:

そこそこ以前にニュースになったのですが、あるパチンコ店経営会社A社が東京都の国分寺(国分寺駅前)のビルにパチンコ店を出すことを計画していたところ、駅前の再開発を計画した国分寺市などが反対し、市議会が平成18年にビル隣接地に市立図書館の分館を設置するとの市条例の改正案を可決しました。

風営法や条例により図書館から50メートル未満でのパチンコ店の営業は禁止となっているため、A社はパチンコ店の出店を断念したのですが、その後、国分寺市の「後出しジャンケン」的な手法により風営法などで出店が禁じられて損失を受けたとして、国分寺市はA社から訴えられました。

そして裁判所は、「出店を阻止するための違法な図書館設置で、原告(A社等)の営業上の権利を侵害した」と指摘し、国分寺市に3億3,400万円の賠償を命じる判決を下したのです。

国分寺市は「図書館設置は市民の要望に応えたもので、パチンコ店の出店阻止の意図はない」と主張したようですが、だったらパチンコ店開店後に図書館設置で良かっただろうに、と思う次第です。(パチンコ店営業開始→図書館設置の順番であれば、そのパチンコ店はいわゆる「既得権営業」として営業継続できます。)

国分寺(行政)としての立場というものもあるので、色々大変なのでしょうけど。







-風俗営業許可

Copyright© 飲食店開業の手引き│小平市~多摩地区の飲食店営業許可を取りたい人のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.