風俗営業許可

風俗営業許可の保護対象施設調査で東京多摩小平保健所に行ってきた。

更新日:

毎度、東京都小平市、こだたま行政書士事務所の林です。

本日は風俗営業許可の保護対象施設の調査で多摩小平保健所へ。

 

余談ですが、ここは児童相談所も兼ねているんですねえ。




保護対象施設のうち、有床診療所(歯科含む)の調査です。

有床診療所とは、患者さん用のベッド、つまり「入院設備がある」診療所、ということです。

ちなみに「病院」とは法律の上では区別されており、病院はそもそも入院設備が20床以上備わっています。

 

 

さて、この有床診療所が店舗開設予定地の一定距離内にあると風俗営業は開始できませんので、必ず調査が必要です。

で、少し時間が空いた時にふらっと立ち寄ったんですよ。

ところが、立川保健所なんかと違って「情報開示請求」を行わなければならない多摩小平保健所。

 

立川保健所は行けばその場で確認できるのですが・・・。

早速、情報開示請求してきました。

 

 

個人情報などはボカしてありますが、大事なところはこう書きます。

 

平成26年9月8日現在、下記記載の所在地において開設の届出を受けている診療所及び歯科診療所、助産所の

①名称 ②施設所在地 ③病床の有無(廃業を除く)

所在地 (1)小平市○○町○丁目 (2)小平市○○町△丁目

 

この結果、最長2週間かかるとのことなので余裕をもって調査しておきましょう。

 

まあ・・・現地調査の印象では調査対象区域内に診療所すらないとは思うのですが・・・・外見から診療所と分からなくても診療所として届出しているかもしれませんしね。

 

憶測で行動するのが最も危険です。

 

こだたま行政書士事務所では、調査に関して手を抜きません!

 

ところで、この情報開示請求、開示された情報量が多くて紙何枚にも渡る場合、その分お金かかります。

 

1枚30円です。5枚だったら150円。

 

 

従って、無駄な範囲まで開示請求するとあまりいいことはありません。

なので、開示請求の内容に「病床の有無(廃業を除く)」と記載するわけです。

この「廃業を除く」を記載しておかないと、「現時点では既に廃業しているけど過去に届出があった」診療所まで全部出てしまいます

 

行政にとっては抜き出すのが膨大な数で面倒だし、こちらとしてもその分余分にお金が掛かってしまうので、ここはお互いのために、きっちり書くところは書いておきましょう。







-風俗営業許可
-,

Copyright© 飲食店開業の手引き│小平市~多摩地区の飲食店営業許可を取りたい人のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.