風俗営業とは

「風俗営業」という語句から性風俗関係を連想してしまい方もいらいっしゃいますが、実はここでいう「風俗営業」とは社交飲食店(キャバクラ、ホストクラブ、スナックなど)の他、ゲームセンターやパチンコ屋、麻雀店、ナイトクラブなどを指します。

法律上の風俗営業の定義を簡単に言うと、「客にダンスをさせるなどの遊興または従業員が特定の客にお酌をしたりもてはやしたりする接待を伴う営業や、設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業等」のことです。この定義にキャバクラやゲームセンターは当てはまるというわけですね。

 

逆に、いかにも接待が付き物であるような「メイドカフェ」と名がついていても、営業実態として何ら接待を伴わない形態であれば風俗営業ではなく単なる飲食店営業となります。

 

店舗がある地域を管轄する警察書を通して各都道府県公安委員会から許可を得ることにより営業できます。

 

当事務所はこの風俗営業の中でも主に「1号営業許可」を扱っています。
そのため、このサイトも基本的には1号許可についての記述ですが、念のため、風俗営業にはどのような種類があるのか、簡単に記載しておきます。

許可の種類 概要
1号許可 料理店・社交飲食店 キャバクラ・スナック・ラウンジ・ホストクラブ・ガールズバー・メイドカフェ等
2号許可 低照度飲食店 ナイトクラブなどのうち、店内の明るさが10ルクスを下回るもの
3号許可 区画席飲食店  
4号許可 麻雀店、ぱちんこ店等  
5号許可 ゲームセンター等  

本来、それぞれにもっと詳しい定義や許可の要件などがあるのですが、それらは調べようと思ったら他のサイトでも調べられますし、当事務所は1号許可に特化しており、その詳細についてはまた別のところでご説明しますのでここでは省略します。

 

ついでに書いておきますと、もちろん性風俗産業も風営法で定められており、「性風俗関連特殊営業」と呼ばれています。店舗型や無店舗型の区別もあります。

投稿日:

Copyright© 飲食店開業の手引き│小平市~多摩地区の飲食店営業許可を取りたい人のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.