届出要件1:飲食店営業許可を取得していること

「深夜酒類提供飲食店」はその名の通り、飲食店の一種です。
従ってその届出を行う前に、飲食店営業許可が必ず必要です。

まずは深酒営業の届出をして、その後飲食店営業許可・・・ということは一切不可能なのでご注意ください。

飲食店営業許可 ⇒ 深夜酒類提供飲食店の届出 の順番です。

(ただし、飲食店営業許可については許可証が出てなくとも、保健所が発行した「飲食店営業許可受理証(名称は地域によって変わることがあります)」を添付すれば深酒営業の届出を受理してくれる警察署もあります。)

 

飲食店営業の許可は、これまたお店の地域を管轄する保健所に対して申請します。

保健所の管轄表についても用意してあります。
必要に応じてご確認ください。(毎度、多摩地区のみです。すみません。)

参考東京都多摩地区の保健所管轄

 

飲食店営業許可の手続きだけであれば、そんなに難しくはありませんが、後に深酒営業届出を行う際の注意点として、

飲食店営業許可の内容と深酒営業届出の内容がずれているとかなり厄介ということが挙げられます。

具体的には、飲食店営業許可書上での店舗名と完全一致(同じ呼び方でもカタカナ、ローマ字など自体の違いでも不可となる)が求められます。

また、当然のことですが飲食店営業の許可が保健所からおりた場合でも、深酒営業届出が受理されるとは限りません。

この2つは申請先も別、許可や届出受理の要件も全く違うため、飲食店営業許可の申請時から深酒営業届出のことを見越した店づくり(内装など)などに注意しておきましょう。

投稿日:

Copyright© 飲食店開業の手引き│小平市~多摩地区の飲食店営業許可を取りたい人のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.