深酒営業

町の居酒屋が午前0時で店を閉める理由

更新日:

 

町の中にある居酒屋が閉店時間を0時(24時)に設定していることが比較的多いなあと思ったことはありませんか。




実はこれ、風俗営業法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)と言われる法律が関係します。

 




この法律では、お酒を主体にする店(居酒屋、バーやスナックなど)についていくつかルールが決められています。

 

最も有名どころで言うと、「お客さんの隣に座ってお酌や歓談」をするキャバクラやホストクラブですが、この形態のお店は「2号営業」と呼ばれ、風俗営業の「許可」が必要になります。

先ほど、例示でスナックを出していますが、スナックも場合によっては2号営業に該当することがあります。

 

例えば、カラオケで客&従業員ホステスのデュエットが行われるのであれば、それも2号営業の許可を取らなければならないということになります。

 

お酌や歓談、デュエットなどは風俗営業法が「2号営業」に該当するとしている「接待行為」の最たるものです。

なお、この許可を取った場合、自動的に0時(一部の繁華街では1時)までに閉店する義務が生まれます。

今や夜も眠らない街が増えましたが、まあ、古い法律ですから「男女の一時の憩いも0時まで。それ以上、変に盛り上がらないように帰って寝なさい」ということですね。笑




一方、そういう「接待」行為が行われない普通の居酒屋やバーでも仮に0時過ぎまで営業したいのであれば「深夜における酒類提供飲食店」としての「届出」を行う必要があります。この届出をせずに0時を回って営業するとなると、それは無届営業というかなり重い罰則の対象となります。

 

このルールのために、閉店時間を0時に設定する店が多いのです。

 

ちなみに実情としては、ちゃんとその届出をしてというよりも、どちらかというと無届のまま深夜まで営業する店が多いようです。
また、キャバクラやデュエット可能なスナック(2号営業)でも0時過ぎても営業を続けているところ、多いですね。

 

 

これらは本来は違法なのです。

 

・・・が、そこは警察も把握していますが、大部分で黙認されています。(理由は伏せますが、黙認せざるを得ないという状況と言ったほうが近いかも。)

また当事務所、行政書士としても店に対して既に警察の指導が入ったというのならまだしも、そうでなければ「ちゃんとやろうぜ」とは言っていません。

(風俗営業法のルールを本当に知らずに、結果的に無届、無許可となっている店もありますから、一応話題に出すことはありますが。)




なぜなら、今の状態で誰かが迷惑をしているかと言ったら、そうではないからです。むしろ、息抜きの場として機能していることがほとんどです。

 

もちろん、違法状態であればリスクはあります。

例えば近隣住民への騒音などのトラブルを発端として、本来民事不介入の警察が風営法の無許可・無届・違反を理由として対処してくることはあります。

 

しかしそのままにするかリスクヘッジを取るかは、経営者自身の判断によって決めるべきことだと思っています。

 

一住民として望むことは、誰にも迷惑をかけず、街の憩いの場でい続けて欲しいということ。

 

そんなわけで、0時という時刻は意外と命運を分ける時刻だったのですね。

 

 

深夜まで営業できるようになる

深夜酒類提供飲食店営業の届出はこだたま行政書士事務所へご相談ください。







-深酒営業

Copyright© 飲食店開業の手引き│小平市~多摩地区の飲食店営業許可を取りたい人のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.